カンジタにはジフルカン(フルコナゾール)がおすすめ!

指でつまんでいるカプセル

カンジタ症にとても便利なジフルカン(フルコナゾール)ですが、こちらの薬はなんと女性用バイアグラのような効果があるともいわれていたりします。
ジフルカン(フルコナゾール)というものは主に膣に対して効果がありますので、膣内にあるpHを正常化してくれます。
そのため、ジフルカン(フルコナゾール)は膣内を清潔な状態へ導いてくれるのです。
つまり結果として、濡れやすくなっていきます。

カンジタ症になりやすい人の膣は、主に膣内が荒れていることが多いです。
炎症がおこると膣内の分泌液が少なくなってしまいますが、ジフルカン(フルコナゾール)を使うことによって分泌液を上昇し、不感症をも改善させる可能性があるわけです。
ただしこれは実際に製造販売しているファイザー社は否定しているので、あくまでもその可能性があるという話になります。

ではそんなジフルカン(フルコナゾール)ですが、ここで詳しい飲み方について触れていきたいと思います。
まずどういう用途で使うのかによっても変わってきますが、カンジタ症の治療にジフルカン(フルコナゾール)を使う場合は1日あたり150ミリグラムから200ミリグラムを、水とかぬるま湯で飲んでいくことになります。

もしも症状が悪化していてつらい状態になっている場合は1日あたり400ミリグラムまで増量できるので、そのことも今ここで覚えておくといいでしょう。
カンジタ症以外の目的でジフルカン(フルコナゾール)を使う場合は、必ず用法用量をちゃんと医師などに確認してから飲むようにしてください。
これであなたの悩みもしっかり改善されていくと思います。